仲介契約の種類

売れた場合のみ支払います

不動産を売る場合、多くの方が不動産会社に仲介を依頼します。売ること自体は、自分で行っても構いません。事業者しかできないとかそういったことは、特にないのです。しかし、適正な価格で不動産を売るのはとても難しいことです。そのため、多くの方が不動産会社を頼ります。仲介を依頼する場合、仲介手数料が発生してきますが、これは売れた場合のみ支払うことになります。仲介手数料は、いわゆる成功報酬となっているのです。不動産会社は仲介業務を行うので、経費は必ず発生します。それでも、売れなければ、手数料を支払う必要はありません。最終段階に至って、契約破棄となったというケースでも、支払う必要はありません。とても大事なことなので、覚えておきましょう。

不動産会社との仲介契約

不動産会社との仲介契約には、次の3つがあります。一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つです。これらの違いはいくつかありますが、注目したいのは次の2つです。他の会社と契約できるのかということと、報告義務です。一般媒介契約については、他の会社とも契約を結ぶことができます。複数の不動産会社に媒介を依頼できるのです。対して、専任媒介契約、専属専任媒介契約の場合、一社のみとなります。一般媒介契約には報告義務がありません。では、報告義務がないため、媒介業務に手を抜くのかと言うと、そのようなことはありません。仲介手数料は成功報酬です。手を抜いていては、報酬はもらえません。どの媒介契約を選ぶかは、売る時の状況によります。ただ、成功報酬であることを考えれば、報告義務のない一般媒介契約も選びやすくなるのではないでしょうか。