Real Estate

Pick Up

自分の意思で売る

住宅ローンで借金が返済できないという場合、担保となっている住宅を手放す必要があります。任意売却といって自分で物件を売却するという方法もあります。金融機関や弁護士等に相談を行い手続きを行なっていきます。

read more

仲介契約の種類

不動産を売る時には、不動産会社と仲介契約を結ぶことになります。これは手数料と引き換えに売ってくれるという契約であり、3つの種類に分かれています。それぞれの契約の内容を吟味して、結びましょう。

read more

不動産売却を行なう

不動産の売却価格を決める

不動産を売却する場合には、いくらで売るかを決め、その不動産の土地の面積、建物の床面積や建築時期などの不動産の詳細と売却価格を広く告知して、購入希望者を募らなければなりません。売るための第1ステップは、価格の決定です。自分の所有する不動産であっても、いくらで売れるのかを把握している方は殆どいないと思います。購入した時の価格や固定資産評価額などは、承知している方は多いかと思いますが、そのいずれも実勢価格、つまり現在いくらで売れるかという価格とは異なるのです。不動産をいくらで売るかを決めるのは所有者自身ですが、現在いくらで売ることが出来るのかの専門家アドバイスを受けなければ、実勢価格で売ることはできません。

売り出し価格のアドバイスは誰に受けるのか

売り出し価格のアドバイスは、不動産業者から意見価格という形で受けることができます。または、価格査定により、専門家の価格についての意見やアドバイスを受けることが出来ます。この価格についての意見や価格査定は、不動産業者に相談すれば無料で行ってもらえます。無料ですので、数社から意見や査定を取り、合理的な説明や価格を参考に売る価格を決めて売り出すことが売却成功のポイントです。複数の業者の意見や査定価格は、ピッタリと一致することはまずありません。では、高い価格を勧めてくれた業者や査定した業者が良い業者なのかというと、そうではありません。もちろん、所有者にとっては出来るだけ高く売れることが一番なのですが、意見価格や査定は絶対的なものではないからです。高く売り出したが、その価格では売れずに数カ月後に価格を下げて売ることになったなどというケースは多数あります。きちんとした根拠に基づき、合理的な説明を丁寧にしてくれる業者の意見を参考に価格を決めることが、間違いのない方法です。意見を聞いたから、査定を依頼したからその業者に売却を依頼しなければならないということもなく、自由に選択することができます。

マンションの購入

リフォームを行なっているかいないかによって、物件の価値は変わっていきます。何も手を施していない物件の場合、市場では価格が安いです。また、リフォーム済みのマンションは専門の業者が所有しているパターンもあります。

read more

New Posts

不動産に相談する

賃貸物件を借りる際には不動産に相談して不動産から情報提供をしてもらうことが一般的です。物件を実際に見学することもでき、気に入れば契約成立します。中には仲介手数料無料の物件もあります。

詳細を読む

オススメリンク